10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたし、きれい~?

今日はPTA総会とか旗振り当番とかモロモロあったので有休とった。でも、パートさんはまだ慣れてないし、どーせ朝は娘と一緒に職場の駅までは行かなきゃならないので、朝会社に立ち寄って、誰かが出勤するまで電話番でもしようとしたら、この善意を見透かされたように普段ならかかってこないようなトラブルの電話。大したトラブルじゃなくてよかったけど、1人しかいない時だったのでとりあえず対応せざるを得ない。そうこうしているうちに社長と上司が出社してきたので、トラブルの件とその処理報告をして、入れ替わるように私は退社。

で、その後電車で向かったのは、KづきRいこさんのメイクサロン。2時間ほどのレッスンを安くできるクーポンを買ったので。血流マッサージのコース。教わったことをひとつ実践するたびに「わぁ、小顔になりましたね!!さっきと全然ちがいますよぅ」と大仰な賞賛を浴びまくる。セールストークなのだろうが、あえて「ぜひ連続クラスレッスンも受けたらもっと~」とゴリ押ししないところが、逆にすっかり疑り深くなった年増心をくすぐる。でももちろん連続レッスンを受けるようなゆとりはないっす。

リフトアップしましたね~、肌の色がワントーン明るくなりましたね~と絶賛されたけれど、現実は、PTA総会でも家族からも「あら、今日はなんだかきれいじゃない?」どころか、「いつもと違うね」とも何とも言われずじまい。そんなもんですよ、ええ。

いや、効果がなかったってんじゃないですよ。「施術した側としない側、顔面の左右を意識して見比べてみればわかる」というレベルの差異ってこと。そこに注目すればわかる。「今日の私、どこか違わない?」と聞けば、たぶん、「そういえば…」とは言ってもらえる。その程度の効果はあったと思うよ。ちゃんと今日習ったことを持続してやればもっと効果があるだろうとも思う。そして、それは私の精神力の問題であって、私の精神力がいかほどであるかは、ダイエットに失敗しつづけることを考えれば自ずと答えが出る。

それにしても一番驚愕したのはこれだ。


これは何かと言うと、ごく薄ーいテープ。リトマス試験紙程度に切って、肌に貼る。どこに貼るって、耳付近。そのあたりから、頬だののたるんだ皮膚をぐいーーーーっと引っ張り上げて、このテープで固定するのだ。SUGEEEE!!

するとこうなる(下図表紙写真)。まぁこれは極端だけど、確かに一定のリフトアップはする。


こんなもん貼ったら膏薬ババアのように(最近見ないね)なるかと危惧するかもしれないが、密着させるとほとんど見えない。むしろどこに貼ったか後でわからなくなりそうなぐらい。先生もたまにはがし忘れると言っていた。

IKKOさんなんかいち早く目をつけていたようで、彼の場合(彼女?)ウィッグだから、余計目立たなくて貼り放題だろう。

怪我の跡のひきつりなどを補正したりにも使うそう。そういう使途ならウンウン良いことだと納得するけど、年の割にお肌ツルピカの芸能人などが実はこういうのを駆使しているのかもと思うと、なんだかだまされたような気が…。それとも外科的な整形までしないだけマシなのかな。(ボトックスやヒアルロン酸注射なら良いのかと聞かれたらそれも微妙…)。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。