06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕の中で

お互いのストレスもあったのだろうと思うけれど、昨日は娘相手にバクハツした。地震前に既に出ていて、充分な準備期間があったはずの宿題に手を付けておらず、それに対して焦る様子もなく、夜の9時過ぎになって「どうしたらいいと思う~?」と平然と聞いてきたからだ。しかもその宿題は「習ったことを生かして、自分でアイディアを出す」というのが主たる教育目的であって、親がこうしたら?と提案してしまった時点で9割方目的を損なってしまう。

そこに至る前の帰宅途中でもひとつふたつイライラすることがあり、更に入浴時にもあり、さんざっぱら怒った後のダメ押しの一撃のような娘の態度に切れちゃいました。てへっ。←てへっじゃないし。

こどもだってストレスだよね~と思っていたから、昨日と今日はテレビも災害ニュースは最低限にして、テレビ東京やMXのアニメ中心の番組にしたり、通信教育やれとかピアノの練習しろとか、追い立てることは言わないでいた。途端にこれだ。

私が増大していく不機嫌を隠さないでいると、娘も夫もそそくさと動き出すのだが、それもまた神経を逆なでする。これ以上相手していると際限なく怒鳴りつけてしまうか、果ては手が出るか。それよりはマシだろうから、「あー、もー、無理」と娘の口ぶりを真似て言い捨て、私は先に布団にもぐりこんだ。

その後、娘もやってきたが、話しかけるなオーラを全身で出していたであろう私に何も言えないまま、隣の布団に無言で寝ていた。

そしたら10時半頃、やや強めの地震(震度3だったようだ)。飛び起きて娘に覆いかぶさる。娘も気付いて起きて「怖い」と言った。「大丈夫だよ」と言った頃には揺れはおさまっていた。布団の中で抱きかかえるようにしていた私の腕の中で、娘は一気に「あのねぇ、あの宿題ね、こうしてこうしてこうすることにしたから。ちゃんと自分で考えてなくてごめんなさい」と言い出した。私に怒鳴られ、なじられ、責め立てられた宿題。最後は謝る機会さえ与えずにふて寝した私に、どうやって伝えよう、朝になったら言わなくちゃ、と考えていたに違いない。

今でも娘の側の非が大きいとは思っているが(笑)、私のほうも若干冷たすぎる態度だったことはイナメナイ。
その後娘はすぐに寝息を立てて寝て、早朝の縦揺れの時にはビクともしなかった(私はこっちのほうが怖かったけど)。宿題の件を私に伝えられたこと、私に謝れたことで、また、その件で激しい拒絶を示した母親が、それでもイザとなれば自分を守ろうとしたことで、相当安心したのだろう。

今日これからだって、明日だって、私は娘にイライラしたり娘とケンカしたりするんだろうけれど、もう少し私も配慮っつーか、怒るにしても、信頼関係をゆるがすとか、不安がらせるようなやり方をしないように気を付けないといけないなぁと反省した。今更…っていうか、こんな時にかよ!って気もするけれども。
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どこにコメントしていいか迷ったのですがここに。

今まで、けーくさんてこわい人?とか思ってたのですが(失礼承知!!)

そうじゃないことがわかって一安心。いや、一安心じゃなくて、えーとなんだ?
正しく厳しくて、でも本当のところはりんちゃん想いの優しいお母さんで
涙がでました。
実は優しいんじゃーんみたいな…(失礼承知!!)

私にも、偏見なくいっぱい優しい言葉をかけてくれるし
ミニチュア展示会のこと教えてくれたし
とにかく本当にいつもうれしく思っています。
ありがとうございます。

>ちゃんふうさん

「実は優しい」って、やだわー、ハートウォーミングといえばCakeですよ。お忘れなきよう。
こわいだなんてー、そんなこと言われたこと初めt…いや、68人目ぐらいです(ヲイ)。

偏見ないっていうか、あまり考えてないだけかも。もう少し考えたほうがいいと思うんですけど、なんかもう最近めんどうくさくてね(ヲイヲイ)。

ミニチュア展示会はおもしろかったですね~。
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。