06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険のおばちゃん

土曜日。午前中に岩盤浴。午後イチに保険のおばちゃんと更新の話。
ヤクルトとか学研とか保険会社とかいった訪問販売系の担当者のことって、つい「おばちゃん」呼ばわりしてしまうのだけれど、今では私より年下の人のほうが大半なのではないかと思う今日この頃。

うちの入っている生命保険の担当者は確実に私より年上だけどね。
もう還暦超えていると思う。おそらく定年後も嘱託で続けているパターンの人なのだろう。
彼女とは夫の会社がまだ健在だった頃からのつきあい。新人の頃に法人契約で加入して、結婚後は私もそこに乗り換えた。だから私が帝王切開で出産したことも、会社が倒産の憂き目に遭い、夫が鬱になり、数度の入院…といった経緯も、すべて把握している。

去年秋に私の更新が来て、何時間かおしゃべりをしていた。基本的に我が家の話が多くなるのだけれど、その時は彼女の家族の話や「女性が仕事をすること」についての話などもした。夫は数年前にがんで亡くなったこと。一人娘は今アメリカに住んでいること。仕事が好きなこと。「一億達成したらこれを買うんだ」と決めて営業していること。でも、「自分の商売が役に立つのが、加入者の不幸のとき」という保険屋稼業にはやはり辛い場面も少なくない…といった話。

今回は夫の加入しているほうの保険についてだから、夫も同席。てか、夫だけが行けばいいのだけれど「奥様にいてほしい」というご希望で。「奥様のほうがしっかりしているから」という非常に正当な理由。ほらねー、我が家のことをよくわかってらっしゃる。

本当の更新時期はまだ先なのだけれど、最近、新発売になった保険商品の内容が今よりよくなったからと、切り替えを勧められた。ただし直近半年以内に入院するようなことがあるとそれに転換することができなくなるし、更新日で切り替えるより今のほうが良い条件で切り替えられるので急いで連絡しました!とのこと。

夫は精神疾患だし数年以内の入院歴があるし、全く新規の保険というのにはもはや入れない。
だから既存の保険の基礎部分を残しつつ、特約や新商品などを付加したり転換したりして継続することになる。
かといって保険料が今以上に高くなるのはキツイ。…そんなこんなもわかっている人なので、お任せ状態だ。もし
都合よく騙されていたとしてもわからない。老人がだまされて保険金詐取…みたいな事件もあるが、そうなってしまうかもわからないぐらい、「あなたがいいと言うならそうするわ」って感じ。
次の更新は10年後になるわけで、その頃彼女がまだ現役で「保険のおばちゃん」してるのか…というとかなり不安だ。

でも10年後。娘は19歳。大きな学費の出費時期はほぼ終わっている(はず)。その頃にはローンも払い終えている(はず)。あと大きな出費といったら娘をヨメに出す時の分があればいいのかなぁ。…そういう境地になれていればいいけどなぁ。

娘の誕生も夫の発病もこの10年以内のできごとだ。
これからの10年だって何があるかわからない。(出産はないけどな)。

まぁ、がんばるよ。
スポンサーサイト

No title

こんにちは。
Cakeさんのお宅では、保険のこと、きっちりやっていらっしゃるんですね。ずっと担当して下さる方がいらっしゃるのは、確かに心強いですよね。ウチなんか、生命保険に入っているのは夫だけだし、それも、当時の担当はいなくて、近くの営業所の人が立ち代り挨拶に来たこともあったけど、あっという間に音沙汰なしになるし・・・。結局、夫のは10年定期タイプではなく、結婚当初50歳までの定期タイプだったのを、結婚後いくらなんでも50では・・・と、60までに延長してもらって、一生涯の保険はその1割程度・・・という定期保険が主体。当然保険料も安いし、考えてみたら入院保険にも、私しか入ってないんだわ~。(我が家で一番高い保険料は、子ども達の学資保険です(^_^;))

・・・ってな具合で、結構保険って、トータルで相談にのってくれる人がいないと、割と穴だらけ・・・って場合が多いですよね。それに、保険の役割りそのものが、健康ならいらないものだから、逆に「こんな場合」や、「あんな場合」など不測の事態を想定し始めると、不安も大きくなって、いくらでも入りたくなっちゃう・・・。そんなに保険料、払えませんけどね。

うちは娘2人いるけど、学費は18歳じゃ終わらないと思われ・・・。
今は、高卒じゃ、精神的に幼すぎて、なかなか社会人にもなれそうにない感もあり、やはり20~22歳ごろまで、学費や生活費がかかるのかな・・・ってぼんやり思ったりします。いざ、わが子を社会に出す・・・なんてこと考えると、夫1人でさえ、マトモに社会に出し切れてないのに、本当に出来るのだろうか?なんて更に不安が押し寄せたりするんですよね~。

いけない、いけない・・・。もっと、前向きな思考で行かないと!ですね。穏やかな老後が迎えられると良いよね~、ホントに。

>フランさん

私の実家が、叔母が保険のおばちゃん…もとい、外交員だったり、母が医療関係に勤めていたことがあったりで、「義理で入る保険」が多い家だったんですよね。
で、母は交通事故とガン治療で数か月単位の入院や大がかりな手術をして、「保険金があってよかった~」という場面もありました。ちょうど兄の進学時期で、入学金は保険金で賄ったということもあったようです…当たり屋かよ、みたいなw

その流れで私も「保険は入るもの」という意識が強いほうだと思います。実際、既に盲腸と切迫流産と帝王切開の手術と入院で払った分は回収していると思われます(笑)。

夫のほうは、フランさんも思い当たると思うのですが、長期的な資金繰り…万一の時や老後のための備え、といった意識があまりない家ですので、国保以外の保険と名のつくものは入っていませんでした。義両親は今でもそうだと思います。夫が加入したのは、就職した時に私が入っておけと言ったから入ったってなもんで。
でも、おかげさまで夫が鬱で入院しても経済的には痛くなかったんですよね。当時彼は無職でしたから、むしろ給付金の分、家でゴロゴロされるより収入になるわけで。入院給付金は日数制限があったけど、その限度額までいただきました。今回切り替えた保険は日数制限が外れたので、ぜひ入院していただきたい(コラコラ)

鬱病が急増して、精神疾患の人の保険や各種ローンの審査はここ数年でぐっと厳しくなっているはずです。たとえばいったん鬱と診断されたら、「寛解」してから数年間なにごともなかった、という待機期間を経ないと加入できない場合が多いし、また、自殺の場合、加入後の一定期間内は保険金がおりないのですが、その「一定期間」が以前より長く設定されるようになりました。

ただ県民共済やCOOP共済など、共済系は掛け捨てだけど月額が安いし、告知がゆるいことが多いので、もし今から入るのならばそういうのを検討したらいいかもしれませんね。あとはネット系の無店舗の保険会社も安いです。それと、クレジットカードなんかにも知らないうちに勝手に保険が付帯している場合もあるので、一度調べておくといいかもしれません。

>我が家で一番高い保険料は、子ども達の学資保険です(^_^;)
そう!学資は貯蓄の意味が強いから、保険料が高いんですよね~

> うちは娘2人いるけど、学費は18歳じゃ終わらないと思われ・・・。
一応、私の心の中では親のほうで準備するのは「大学の入学金まで」を目途にしています…
2年目以降の「学費」は、いよいよとなったら本人にがんばっていただこうかと。
自分自身、親がかりでしたから出してやれるのなら出すつもりですが。

あ、今気付いた。成人式ってのもありますね。レンタル晴れ着だけでも数十万…はぅあっ
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。