10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイツリー~浅草散策

スカイツリーを見てまいりました。
私は昔から高層建築物が好きなのであります。ナントカと煙は高いところが好きってことですね。

せっかくの習い事もない日曜日、ただ見に行くだけではつまらないので浅草散策も満喫することにして、昨日は2時間ほどかけてプランニング。あぁ、旅の予定を考えるのって楽しい。旅そのものより楽しいかもしれない。これでもう少し理系的センスに恵まれていたら時刻表トリックとか考える人になっていたことでしょう。

ただ、パソコンであれこれ調べていると、脇で娘が構ってオーラを出してきてうっとうしい。黙らせるために半ば冗談で「遠足のしおり」を作るように言ったらノリノリで作ってくれました。




ご参考までに時刻入りで今日一日をご紹介。

12:00
JR浜松町駅に出て、徒歩で日の出桟橋へ。水上バスに乗船。
水上バスからもスカイツリーが見える。この方向だと乗って右側の席のほうがよく見える。
「隅田川」を楽しむのであれば、逆方向の浅草から日の出方面のほうが風景がだんだん開けていくので気持ちいいかもしれない。

12:40
約40分の船旅を終えて、浅草着。
川沿いの隅田公園を歩いて、言問橋を渡り、スカイツリー方面へ。
これはちょっと遠回りルートなのだけれど、人ごみに紛れることなく道すがらずっとスカイツリーが見えてよろしい。スカイツリーのふもとまではノロノロ歩いて30分ぐらいだったかな。
業平橋駅と押上駅の真ん中あたりにある見学広場で記念写真を撮った。
広場とは名ばかりのとてもこじんまりした空間。

また浅草方面まで歩く。別に電車で移動してもいいと思うが、今回は「散策」もひとつの目的なので浅草界隈はすべて徒歩。「パンダバス」とか「めぐりん」とかいったバスも無料もしくは安価に用意されているので、必要な方はご利用になると便利だけれど、やはり今は相当混雑するそうなので、行く直前に様子を調べておいたほうがいいかも。お大尽には人力車でしゃれこむという手もある。

行きは言問橋を通ったけど、帰りは浅草通りを経て吾妻橋を通って浅草駅へ戻った。駅手前で、満願堂の芋きんを食べる。一個170円。美味。

芋きんでお腹を刺激された娘が「そういえばお昼ご飯はどうするの?」と空腹を訴えだす。
このとき、13:40くらいか。
お昼ごはんは食べ歩きに決まっているじゃないか。
というわけで仲見世通りへ。

雷門を通って、まずは「あづま」で、「甘酒」と「きび団子」。とにかく寒くて体が冷えていたので、温かな甘酒が美味しい。
続いて、そのまた近くで焼きたての「串ぬれおかき」と「せんべい」。串ぬれおかきは「おかき」と言いつつ、相当しっとり、モチに近い。
その次は「揚げたておかき」。紙のカップに入っている。ぱっと見、太目のフライドポテトのよう。他人が食べているのを見ると食べたくなるの必至。

甘いもの、しょっぱいもの、しょっぱい揚げ物、と来たら、甘い揚げ物。
食べ歩きのラストは「揚げ饅頭」。

どれも美味しかったーーー。

ちなみに3人でシェアしながら食べたので、これ全部、1人1個ずつ食べたわけじゃないですよ。いくら大食い一家としても…。
それでもこれだけ食べればそれなりにお腹も張り、もう食べられない…とか言いつつ、最後の最後に浅草寺境内直前の屋台の焼きそばとおでんにしてやられた。

ようやくお腹も満足し、浅草寺をお参り。思えば初詣に行ってなかったので、これが我が家の初詣となった。

15:00
浅草寺を抜けて日本最古の遊園地「花やしき」へ。
昨日のうちにコンビニで割引チケットを購入してあったので、それを使った。花やしきもリニューアルして昔ほど激安遊園地ではなくなってしまったなー。
TDRに慣れている娘には物足りないかと思ったがそうでもなかったらしい。レトロなジェットコースターでも阿鼻叫喚。結局絶叫マシンはこれだけで、あとは小さい子向けの乗り物ばかりに乗っていた。私は私で1人で絶叫マシンに乗ったりして、それはそれで痛いオバチャンだった。

17:00
唯一の誤算。花やしきは18:00までやっていると思っていたのに、今日は17時閉園なのだ。
ギリギリまでいて、退園したあとはまた仲見世をぶらぶら歩き、吾妻橋へ向かう。

17:40
アサヒビール本社ビルの「レストランアラスカ」に行く。
元はと言えば、このレストランが今回の話の発端。
私の母が2月に誕生日で、そのお祝いにと去年のうちに例のクーポンサイトで割引券を買っておいたのだけれど、思えば母はあまり浅草が好きではないし、せっかくだからスカイツリーも、と思っても母は散策も嫌いなもので、今回のような「ひたすら歩いた挙句、ただ見るだけ」といった行動もいやがるだろう。
そんなわけで、母を誘うのはやめて、夫と娘で行くことにしたというのが経緯。

アラスカは老舗らしい雰囲気で、スタッフはみなさん親切でよい感じ。
失礼ながら料理は特筆すべきものはない。盛り付けなども、なんというか、昭和である。結婚式場の披露宴的な。
でもそれが悪いというのでもない。田舎のじーちゃんばーちゃんが東京見物に来たついでに入って、「ナイフとフォークなんて気取ってて食べた気がしないもんで、お箸はないかね」と言っても、決して恥ずかしい思いをさせないだろうな、と思わせるような温かみがある。

20:20
精算後、店内からスカイツリーが見えるという個室を見せてくれた。そこは団体客用の個室なので、いつでも見せてもらえるわけではないらしい。
冷たい空気が東京の空もきれいに見せてくれていて、クリアな夜景が楽しめた。ちなみに東京タワー方面や浅草寺側は個室じゃなくても見える。
「冬は東京でも夜景がきれいですね」と言うと「それでも、今日は休日だから明かりが少ないほうです。平日の夜は会社さんが遅くまでお仕事してますから、もっと明かりが多くて、さらにきれいでお勧めですよ。それから夜景だけじゃなくて夕暮れ時も最高です」とのこと。

こんな感じで満足して帰宅。

楽しかったね~と言いながら家に入ると、娘が「さて問題です。ウチは宿題終わってるでしょーか、終わってないでしょーか」と言い出した。そんな問題を出すってことは終わってないってことでしょ、と言うと「そうなんだぁ~。でもそんなすごいのじゃないから平気!!」と。


それからそろそろ1時間近く経過したのだが、まだ終わる気配がない。今、横で半ベソかいてやってる。

…宿題相手中…

帰宅後2時間経過し、ようやく先ほど終了。

これさえなければ、私のプランどおりの、素晴らしい1日だったのだが…。うまくいかないねー。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。