06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可もなく不可もなく

娘の担任と個人面談。

「何か困っていることや心配なことはありませんか」と聞かれたので、「特にありません」と正直に答えた。でもそれだけじゃーあまりにもこどもを過大評価しているか、あるいは反対にあまりにもこどもに無関心か、そのどちらかの親みたいだよなーと思ったので、

「『もっとこうなってほしいな』というのがないわけではないけれども、現時点ですごく困っていてなんとかしなくちゃと不安で仕方がないと思うことがない、という意味です。たとえば学習面のことは、もっと自発的に勉強してほしいなとは思うけど、声をかければ大抵は素直にやりますし、授業についていけないということもなさそうですし」と補足。

ほかにも「友達関係も小さなケンカはしてるらしいですが、翌日まで後を引くようなトラブルはほとんどなくて、あっても自分で解決してるみたいなので、あまり心配はしてないです。家では結構しゃべって陽気ですけど、じゃあ学校では我慢してるのかというと、おそらくそういうわけでもなくて、学校だと盛り上げ役は友達がやってくれるから任せちゃえ、ってことなんだと思います。家では自分だけがこどもだから、じゃあ私がいっちょ盛り上げるか…みたいな。他に適任がいれば自分はやらない、いなければ自分がやる…というだけで、基本的にはどこにいても変わらないと思っているんですが、どんなもんでしょうかね」とも。

先生も「ああ、そうですよね。相変わらず口数は少ないですし、確かに私が私が!!というアピールはないのですが、決まった役割はすごく真面目にやってます。黙っているからと言って言い返せないとか我慢しているという風でもなくて、結構強気なところもありますよね。まぁ、お母様がそれだけ理解なさっているなら問題ないと思います」といったお答え。

あとは私のほうはすっかり忘れていたが、夏のプールをすごくがんばりましたよねー、という話。夏休み中の水泳教室を皆勤だったのは娘一人だった、その甲斐あって級もあがって、日に日に表情が明るくなるのがわかりました…と。

「あー、あれですね! 親も…というか、親がすっっっごく大変でした」と平日は夜、土日も欠かさず連日娘をプールに連れて行った話をした。娘はそのことを一切先生には言ってなかったようで、びっくりしていた。
「やっぱり、親がそれだけ自分のためでがんばってくれている、ってことが本人のやる気や支えになったんでしょうね~」と。先生らしいレスポンス。

ま、そんな感じでした。
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。