08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑巾を投げつけろ!!

娘のクラスにはジャイアンがいる。体格もよく、ガキ大将でなかなかの乱暴者。違うのは「ええとこのボンボン」ってところ。ってそれ、むしろジャイアンよりもタチ悪い。

まぁ、そうはいっても、娘の学校は総じておっとりのんびりムードな校風のため悪目立ちするだけで、世間で見聞きする限りの他の小学校に比べると、このジャイアン君など可愛いものなのかもしれないけれども。

娘は現在、ジャイアンと同じ班。それが嫌で仕方ないらしい。




お約束通り、ジャイアンはジャイアンなので、掃除や給食当番をサボったり手抜きしたりする。それだけでもイライラしているところへきて、昨日は娘がベランダ掃除をしている間に教室の窓を閉めて締め出したそうだ。いや、正しくは、同じ班のMちゃん(これもちょいと問題アリな自由人女子)がベランダにいた時に、ジャイアンが締め出しをしたので助けに行ったら、当のMちゃんはさっさと娘の開けた窓をすりぬけて教室に戻り、続いて娘が戻ろうとしたときに、またジャイアンが鍵を閉めた、と。教室の中では、助けてあげたMちゃんも一緒になってジャイアンと笑っていたものだから、娘、怒り心頭。

ベランダ伝いに隣教室から中に入り、自分の教室までたどりつくと、娘はジャイアンめがけて雑巾を投げたそうな。そしたら、ジャイアンがホウキで娘の頭を叩いてきた。

昨日、私が迎えに行った帰り道では、まっさきにその話をして「もう、すっごいムカツク!!」と怒りを露わにしていた。

とりあえずホウキで叩かれての怪我はないことを確認して、「先生には伝えたのか」と聞くと、伝えていないと言う。次回そういうことがあったら、やり返す前に先生に言え、と言うと「いやだ、言いつけるなら、やり返してから言いつける」と鼻息も荒く言う。娘、そんなに気が強かったかしら。雑巾投げはよろしくないと思うが、日頃のジャイアンの行いを聞く限りでは、雑巾ぐらい投げつけてもバチは当たらないと思う。よくやったとほめるまではしないが、そんなことしちゃだめよ、とは言わなかった。本音で言えば、その雑巾は、「床にこぼした牛乳を拭いて洗わずに放置しておいた翌日の雑巾」であってほしかったと思うほどだ。

「気持ちはわかるけど、ケンカをしたら彼のほうが強いでしょう。体も大きいし、力も強いし。今日だって雑巾は怪我はしないけど、ホウキは怪我することだってあるでしょ。たとえばホウキが目に当たって、眼が見えなくなったらどうする。そうなってからいくら謝ってもらったって、そういう怪我は治らないんだよ。どんなにあなたが正しくても、損するのはこちらでしょ。やり返して怪我するのはこっちなんだから、そういう相手は逃げるが勝ちってこともあるんだよ」

そう言うと、娘は不承不承、うんわかった…と言っていた。

私がうっすらと危惧しているのは、娘がジャイアンのお世話係化することだ。
私も義務教育中は「おとなしくて真面目で、先生の言いつけはきちんと守る子」で、それでいてそうオドオドしてることもなく生徒会の役員やったりもしてたし、男女問わずつきあえるタイプだったので、クラスの問題児の隣の席に配置されることが大変多かった。いわゆる「不良」とか、逆に「いじめられやすい子」とか。実のところ、私は先生が期待するほどの「思いやり」というものを持ち合わせておらず、3人兄弟の末っ子という立ち位置をフルに活用した「他人が私の世話をするのは当たり前だけど、どうしてこの私が誰かのお世話をしなければいけないのかしら」という性格だったため、彼らに特に何かしてあげることはなかったのだが、まぁ、そんな性格だから、朱に染まって不良になるわけでも、次のいじめのターゲットになることもなく過ぎて行き、それはそれで被害が拡大するのを阻止するのには役に立てたのかもしれない。

娘は私のこういう気質を継いでいるように見受けられるので、うっかり先生に「良い子(先生的に扱いやすい「都合の良い子」)」と誤解されてしまうと、お世話係にされそうな気がする。ジャイアンとMちゃんという二大問題児が同じ班に入れられているあたりが非常に怪しい。そこに、一人ではしんどいだろう的配慮で、仲の良いSちゃんも配置されているが、Sちゃんは「面白そうなほうにつく」ので、必ずしも娘の味方になってくれるわけではない。その4人でひとつの班なのだ。

ただ、私の時代と違い、なんたって30名に満たない人数しかいないのだから、誰でもそのうちジャイアンなりMちゃんなりと同じ班にはなるのだと思うし、考えすぎかもしれないけど、親ばかフィルターを通した娘は、私のこども時代よりも「思いやり」に長けた子に見えるので、お世話係にされたら、私みたいに適当にあしらうことができず、負担が大きいんじゃないかなーと思ってしまうのだ。だからこそ、雑巾投げて正解。そんでその足で先生に不満をぶちまけるんだ。「私にはあの子の面倒なんか無理」と先生にわからせてやれ!!…と思う。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。