06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文

娘、夏休み明け初日の昨日は、「学校やだなぁ~勉強めんど~」と言いつつも普通に登校して普通に帰宅。

水泳授業はもうない。今月末に控えた運動会の練習が今日から始まる。
9月になってもまだこの猛暑。「練習中の水分補給用にタオルと水筒を持参せよ」と通達が来た。

9/1は毎年引き渡し訓練があるのだけれど、夏休み前に配られるべき、保護者向け説明プリントが見当たらない。どちらにせよ行けそうになかったので、一応連絡帳に「保護者は行けないので、学童に向かわせてください」と記入。帰宅後に娘に確認したらやはり他の子は保護者が迎えに来ていたとのこと。連絡帳の返答は「ご連絡ありがとうございます。了解しました」といったコメントが。

う~ん。配布されたけれど娘が紛失したのか、私が他のプリントと紛れて捨ててしまったのか、何も配られなかったのか定かではない。まぁ何事もなく過ぎたのでいいけど。

昨日に続き、今日も荷物どっちゃりこ。図書室の本5冊まで今日持っていかなくてもいいのに。でも別の日にすると忘れそうだから持っていく、だそうだ。相変わらず真面目で要領が悪い子だ。

夏休みの宿題忘れた子はいなかった~?と聞いたら、一人だけ読書感想文を書き忘れた子がいて、学校で書いたとか。一人だけかぁ。他の子も真面目なんだなぁ。

その読書感想文、うちはセレクトが面倒だったんで今年の青少年読書感想文全国コンクールの課題図書にした。
娘が学校図書室から借りてきた5冊は全部怪談(それもトイレのハナコさん的なイマドキの怪談)で、感想文にするにはどーよ、って作品。夏休みのはじめ、5冊を前にして、娘に「どの本で感想文書くの?」と聞いた時、本人が「こういう本は、宿題にはあんまり向いていない気がする」と言い(よく気が付きました)、別の本にすることにしたのだが、娘も私も感想文向けの本選びなんかしたことないもので、何を選べばいいかわからない。そのまま気が付いたら8月半ばになってて、慌てて適当にネットで「小学生」「読書感想文」…などと検索して選んだ結果がこれ。



そしたら、クラスでも何人か同じ作品で書いた子がいたようだ。そっかー、親もちゃんと今年の課題図書をチェックしているんだなーと思った。そういや、購入する時にもAmazonで買おうとしたら取り寄せになっていたもんな(別のもっとマイナーなネット書店で購入した)。8月半ばじゃ出遅れてるんだろうな。

まぁ、本選びは親がかりでもいいと思うけど(現に私もやっちゃったし)、明らかに親が主体で作ったとしか思えないレベルの自由研究を求める学校もあると聞き(正確にはネット掲示板で読み)、そういうのはおかしいと思うべさ。

もっとねー、のんびり、ゆったり過ごしたいし、過ごさせてやりたいっすよね。小学校ぐらい。

スポンサーサイト
Secre

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。