04
5
6
7
12
13
18
19
20
22
23
26
27
29
   

GW第一弾(Mちゃん親子)

昨日の祝日は、娘の親友Мちゃん親子と過ごした。本当は昼から遊ぶはずだったのが、Мちゃんの部活練習があることが朝になって発覚し、夕方待ち合わせになった。遊べる時間が大幅に減ったことを知った娘のテンション、ダダ下がり。

仕方ないので、一緒にカラオケ。

本当はМちゃんと娘の2人で行く予定で、予約してあった(地域で一番安い店で、休日は予約しないと入れない)。
娘たちがカラオケにいる時間、М母と私は岩盤浴に行こうと言っていて、私が会員になっている店に、これまた予約してあったのだが、こちらはキャンセル。

ただし、塾の宿題をためこんでいるから、それをある程度こなしたらね、とカラオケに連れて行く条件を提示。娘は「本当は今頃Мちゃんと遊べるはずが遊べなくなった上に、勉強なんて~」と不満ブリブリだったけれど、「いやならカラオケもキャンセルする」と言うと、「あっ、やりますやります」と態度を一変。いいかげんニンジンをぶらさげずとも自学していただきたいのだが。

娘と2人きりでカラオケなんて、めったにない。てか、多分2度目ぐらい。前回は小学生になっていたかどうかぐらい昔の話。たしか予防接種だかなんだかに行かなくちゃいけなくて、私が有休とって連れて行き、その後の空き時間をどうしようとウロウロした挙句、カラオケに入った記憶がある。

娘が歌っていたのは、日本語バージョンのアナ雪シリーズ(例のLet it goや、「生まれて初めて」と「僕たち似てるね~」ってやつ←曲名忘れた)、恋チュン、椎名林檎の「おこのみで」、TOKIOの「リリック」、アニメの「銀の匙」の主題曲だった「LIFE」と「オトノナルホウヘ→」、あとなんだっけな。アナ雪シリーズは何回か歌っていた。

私は娘の歌に便乗するほか、中島みゆきの「ファイト」だの森田童子の「孤立無援の唄」だのダウナー曲を歌ったりなぞ。いや、こういう曲って、よその人の前では歌えないから、つい。

その後、Мちゃん親子と合流し、まだ日も沈まぬうちから居酒屋へ。子どもらは2人とも3DSを持ってきていて、お腹が落ち着いてからはゲームを始めたが、やがて娘のほうの充電が切れそうになり、「お店のコンセントで充電しても良い?」と聞いてきたのでダメだと言い、「私たち(母親2人)はゲームがなくても楽しくガールズトークをしているではないか、きみたちはゲーム機がないとコミュニケーションが取れないとするならば親友などと名乗るのはやめたまえ」と軽く説教。それでも結局、Мちゃんのゲーム機を2人で使っていたわけなのだけれど。まったく今時のガキは。だからダメなんだ。

とはいえ、こちらもそれ以上子どもらに構いたくなくて、放置。傍から見たら「家族や友達で来ているのに、こどもはゲーム三昧、今時の母親ときたら。だからダメなんだ」でしょうな。いやその前に居酒屋の時点でダメなんだけど。

Мちゃんちのご主人も一昨年あたりから軽くウツ入っていて、病院にも行っているそうなのだけれど、最近は感情の浮き沈みが激しくて、とつぜん「辞表出す」と言いだしたりするのだそうな。М母はそれに対して一切怒ることはせず「私が働くから良いよ。家でのんびり、好きなことしたらいいよ」と対応したとのこと。優しい!!と言うと「それなりにイライラしてたよ、でももう、イライラすることに疲れちゃって。私が働けばいいやって割り切ったの。ただ、全然良くならないし、悪くなってる気がする。お医者さん替えたほうがいいんじゃないかと思ってるんだけど、どう思う?」と聞き返された。

もう少し具体的なことを聞くと、確かに担当医はイマイチっぽい印象だったので、別の病院に行くのも一つの手だとは思う、と言った。医師によって見立てが全然違うこと、薬をたくさん出すのが好きな医師もいるし、そうじゃない医師もいる、あと、本人にとっての「良い医者」と家族にとっての「良い医者」が違うこともある、ウツだと本人が自分の状態を客観視できないことが多いので、本人の「今は調子良いです」を鵜呑みにして、医師が適切な対応がとれないこともある…云々、私の血と涙の結晶の経験談を語る。

幸いと言うべきか、彼女も私と同じく楽観的なほうなので、巻き込まれて自分までウツになるという危険性は低そうで、その点はお互いに健闘をたたえ合い(←健闘?)、しかし、気になるのはご主人がこども(Мちゃん)に時折辛辣な態度をとるらしいところ。暴力こそないけれど、たとえば、Мちゃんがマラソン大会で息も絶え絶えにゴールした時の物真似をして嘲笑したり…といったこと。たぶん、男の人にありがちな、身内だからという甘えから来る皮肉っぽい愛情表現なんだと思うけど、こどもにとってのそれって結構傷つくじゃないですか。そんなこともあって、Мちゃんはすっかりパパ嫌いになってしまった。ただでさえ思春期でパパは気をつけなきゃいけないってのにねぇ。

しかし、ママ+娘vsパパ、という構図は、ウツ夫にとっては「家庭内にすら自分の居場所がないと感じる要因」で、あまり良いことではない。こちらとしては、だったら父親らしゅうせぇよ、と言いたいが。あー本当にもう面倒くさい。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク