04
2
4
5
7
8
11
13
14
15
17
18
19
21
22
24
25
27
28
29
30
   

女子ってめんどくさい

来月、一泊する学校行事があって、それの班分けをしたそうだ。
娘の学年は女子が少なく、クラスの女子は10人程度しかいない。それを2つに分けるだけの話。分けたところで、班によって何が違うって部屋割りと食事のときのテーブルぐらいなもので、同じ日に同じバスで同じ場所に行き同じ作業をする。
それがモメたんだそうだ。3日も。

くっだらねぇ。

でも、それは大人目線だからであって、私もその年頃にはそれが死活問題だったのかもしれないわよね、コドモの目線で考えてあげなくちゃ!!と思って、思い出そうとしても、まったく記憶になくて困る。

ところで、3日もモメた、という話は娘から聞いたのではなく、娘の同級生の親から聞いたのだ。別件で問い合わせがあったついでに、「そういえば女子は今もめてて大変みたいだよね~」と。

私ゃ何一つ聞いてなかったので、初耳だというと「ピヨリちゃんはニュートラルだから、そういうのに巻き込まれないのかな~。うちのコは大騒ぎしているよ」と言われた。

電話を切った後、娘に聞くとキョトンとしている。しばらくの沈黙の後、思い出したように「あー、班分けってあのことか。全然揉めてないよ?てかもう終わっている話だと思ってたけど、違うのかな~?」。

ニュートラルというか、大丈夫かこの人。女子ってそういうの敏感なもんじゃないの?と自分の性格を棚に上げて不安になっていると、娘はいそいそと紙を出して、人物相関図を書きながら説明をし始めた。

「だからね~、Aちゃんグループと~、Bちゃんグループがあってね~。ウチはBちゃんのほうなんだけど。

先生が、まずは適当に分かれてみてーって言ったからぁ、BちゃんとNちゃんとウチでくっついてね、Aちゃんたちもこのメンバーで5人集まってね、残りが、この2人じゃん?Aちゃんたちはもう5人グループができてるから、この2人はウチらのほうになるでしょ。でもね、この2人は、んー、嫌われてるとかじゃないんだけどさ、ちょっと違うっていうか。

でね、Aちゃんが『じゃ、これでいいよね!』って言った時に先生が『決まったら席に着いて』って言ったんで、時間がないっていうか?慌てた感じになっちゃったから、Bちゃんも『う、うん…』って感じで、いったんはそれに決まったってことになったのね。

でも、後になって、『これだとAちゃんたちは100パーセント自分たちの意見が通っているけど、私たちはあの2人を入れたかったわけじゃないから、なんだかずるい』ってBちゃんとNちゃんが言い出したの。そしたらAちゃんも『言いたいことあるならはっきり言って』って言ったの。あ、別に怒ってるとかじゃないよ?それで、Bちゃんも『Aちゃんグループの中に、こっちのグループに来てほしい人がいたのに、Aちゃんがこれで良いよね!ってさっさと決めちゃったのがいやだった』って正直に言ったの。

で、Aちゃんが『誰が欲しいの?』って聞いて、Bちゃんが『YちゃんとSちゃん』って言って、YちゃんとSちゃんにどっちのグループに入りたいか聞いたら、2人とも『どっちのグループでもいいけど、YとSは2人一緒がいい』って言ったの。で、Aちゃんが『それなら、YとSはあげるけど、だったらこっちだって、ピヨリとNちゃん欲しい。交換してよ』って。で、うちとNも『どっちのグループでもいいけど、できればBちゃんと3人一緒がいい』って言ったのね。

そしたら先生が、うちらがまだゴチャゴチャやってることに気がついて、『秋にもあるから、それも考えに入れて。今回はこうするけど、秋はまたメンバーチェンジするとかさ』って言ったから、なんとなくああそうかって雰囲気になってね、じゃあ今回はこのままでいいことにして、秋はBちゃん意見を優先しようって話になったんだけどさ、またここでAちゃんが『それなら、今回はBちゃんの意見を聞くよ。秋はこっちの意見にして』って言ったのよ。なんでかっていうと、秋は2泊だから。秋のほうが長い時間なわけよ。Aちゃん頭いいからさ、こういうのすぐ考えついちゃうんだ。それでBちゃんが、どーでもいいやって感じになって、『もういいよ、春も秋もAちゃんが決めて!』って言って、Aちゃんが『えっ、いいの。ありがと~』って言って、話は終わったんだよ。…って思ってたんだけど、違うの?」


こっちから質問したことではあるけれども、聞けば聞いたで
MAXめんどくせー。
と思ってしまったワガママな母を許してください>娘。

とりあえず、娘が空気を読めてない(状況を理解できない)わけでもなく、クラス内で孤立しているわけでもないことはわかったので、それを収穫と言うべきか。娘、いちおう話の中に出てくる割には、蚊帳の外っぽいのが気になるちゃ気になるけど、この面倒なゴチャゴチャを「終わった話」として自己完結できる能力は今後何かと役に立つと思われ。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク