10
3
4
11
12
13
14
17
18
22
24
25
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝散歩

娘が校外学習として芋掘りに行ってきた。
そのため夕食は芋三昧。おいもごはん・豚汁のような芋汁・素揚げして塩ふったフライドスイートポテト。
既に飽きたが、まだ3分の1も消費していない。


今朝は私一人で早朝散歩。ウォーキングと言えるほどにも力を入れず、30分ばかしウロウロ。
普通だったら娘が通っていたはずの、地元の小学校まで行ってみた。
通学路の9割5分が密集した住宅地で、これといった特徴のない、うねうねとした細い道が続く。そのせいで片道15分はかかるだろうと今まで思い込んでいたのだけれど、ちゃんと測ってみたら私の足で8分程だった。これなら娘でも充分1人で通えたなぁ。いや学区の学校なんだから当然だけど。

小学校のことを考えると、私の選択で越境通学させているから、どうしても言い訳がましい気持ちになる。

ホラ、地元ったってこどもがタラタラ歩けば15分くらいはかかるし、道は狭くて、歩道と車道も分かれてないのに車通りは多くて危ないのよね。細い道から急に視界が開けたと思うといきなり横断歩道なの、いかにも飛び出ししちゃいそう。住宅地だけど、アパートも多くて、誰が住んでいるかわかったもんじゃないし、冬の夕方なんか薄暗くて、アパートの陰から引きずり込まれてもわからないような感じで、大人の私でもちょっと怖いのよね。

なんてなことを心の中で呟いて、今の学校にしておいてよかったわー、と結論付けたい。そんな母心。いや、地元の学校も良い学校なんですよ。それこそ区内は選択制なんだけど、その中でも人気校ときくし。

そんな複雑な気持ちを抱えつつ小学校を見上げたところで、ぐるりと折り返し復路をまた歩き始めた。

帰宅して、「本当はあなたが行くはずだった小学校の周りを歩いてきたよ」と娘に言うと、娘はあまり興味無さそうに「ふーん」と答えるだけだった。
スポンサーサイト

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。