03
1
2
15
16
20
22
23
24
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養キボンヌ

土曜日はヤマハ。午後に学童クラブの面接。面接といっても個人面談のような感じだった。
準備しておいた書類、夫の勤務先を空欄にして提出したら、理由を聞かれた(申込み時の書類に書いたんだが…担当者が違うからか、再確認なのか?)。正直に話すと、大変同情されてしまい、思わず「あー、でも今は元気なんです」と口走ってしまう。直後に、「じゃあ学童入れなくてもいいのでは?」とつっこまれたらマズイと思い返し、「あー、といっても、体調に山があるんですけどね」と慌ててフォロー。なんだか無駄に焦った。

その後、そのまま児童館(学童クラブは児童館内に設置されている)で遊ばせ、夕方からは保育園のクラスの人たちと打ち上げ(?)。
普段ほとんど会話もしたことがないお母さん方と、酒の勢いでしゃべりまくる。頭のどこかで「こんなことしゃべっちゃって、絶対後悔するんだろうなぁ」とわかっているのに、余計なことを言いまくる自分。

でもまぁ、結構みなさん話題豊富な方たちで、予想していたのよりも楽しかった。よかったよかった。

日曜日はヤマハの発表会のリハーサル。
その後、クラスの人とランチ。娘のクラスは、今いる全員、3歳の「おんがくなかよし」コースから持ち上がってきたメンバー。小学校に上がるにあたり、ヤマハを辞める子、個人レッスンに移る子、別の教室に通う子などもいるので、最初で最後の親睦会という位置づけの食事会だった。

こちらは習い事のメンバーだからか、他の習い事や塾などの話題も出た。春からインターナショナルスクールに通う子もいれば、「うちは中学受験させる予定なんだけど、どこの塾がいいかしら」と明言するお母さんもいた。私は外面だけ迎合するのは割と得意なので、そ~ね~サピックスかしら日能研かしら?などとわかったような顔して参加していたが、オレんちには私立行かせる余裕もそのための塾の費用もねぇんだよ。だいたいダンナが無職なんだぜ!…とスネたくなったけど、インターの子は母子家庭(たぶん)。お母さん、いつも話の端々から、すっげー優秀な商社ウーマンなのがわかる人で。その人見てると、夫の収入をアテにできないからってスネるのはお門違いなんだよね…自分が稼げばいいんだ、その能力がないことを恥じねば!と反省する。20秒ぐらい。22秒後には、そうはいってもやっぱり夫の収入はぜひともアテにしたいと思うわけだが。あぁ、扶養されたい。
スポンサーサイト

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。