06
5
10
11
17
24
25
30
   

雨にも暴言にもめげず

昨日の朝、夫に切れて、ぷんすかしながら出勤した私。
いつもは玄関で夫と「あーくーしゅーで、バイバイバイ♪」をやる娘も、無言のまま握手だけして家を出た。

私のほうから「ごめんね。りんちゃんまでいやな気持ちになっちゃうね」と言うと、「うん…。お父さん、ママに怒られて、今、すごく悲しいんじゃないかなぁ」と言っていた。
「きっとそうだね。泣いてるかもね」
「でも悪いことしたんだよね」
「そうだよ」
「じゃしょうがないね」
「うん、しょうがない」
若干冷たい女2人。

帰宅後、「本当に悪かった。すみません」と謝る夫。
「ていうかむかつくし、まじむかつくし、ほんとむかつくし」
「気をつけます」
「しらねーまじしらねーあんたなんかきらいだし早く出て行け自分の家へ帰りやがれこのゴクツブシめが」
「すみませんごめんなさいこれからはがんばります」
「ごめんじゃねんだよ結果を示せ結果をよがんばったよボクチンじゃねんだよこの野郎」
「うわーん許してください」
「許すも許さないも関係ないしうざいからあっち行け」

といった心温かな会話をした後、みんなで素麺を食べました。
五色の素麺だったので、それぞれの色束のまま茹でようと思ったらちょいと失敗。束にするために結わえた場所が悪くて、半分近くがほぐれないまま茹だってしまい、捨てる羽目に…。
でも、仲良くみんなで食べる素麺はとても美味しかったです☆

ちなみに上記の私の暴言はほとんど脚色してないんですが、こんなこと言われても死にたくなったりしない程度にまで復活したようです。そんなに元気なら働けこの野郎。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク