03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドニュースとバッドニュース

OKみんな、用意はいい?

今日はグッドニュースとバッドニュースがあるんだよ。どっちを先に聞きたい?
なになに、バッドニュースから?
OH YEAH! きみは給食のとき好物を最後に食べるタイプだね?
でも人生何があるかわからない、後回しにしていたら手遅れってこともあるよね。
そんな風に思ったら、そう、グッドニュースから先に行こうじゃないか。

OK、じゃ行くよ。この本、「星空ロック」。



きみはロック…いや、音楽は好きかい。
音楽の力はすごいよ。この本を読むとそれがよくわかるんだ。

主人公のレオは14歳のギターキッズなんだけど、初めて訪れたドイツのベルリンの楽器店で、これまたその場で偶然出会った黒人のドラマー少年と即興でスタンドバイミーを演奏するのさ。一瞬にして心が通じて、言葉がなくても楽しさを共有できる、それが音楽だ。

レオにはケチルっていう友達がいる。ケチルは90歳を超えているおじいさんなんだけど、レオに音楽を教えてくれた人で、2人は音楽でつながっているんだよ。こんな風に年齢差を越えられるのも音楽の力だよね。ケチルは大昔ベルリンにいて、好きなドイツ人女性がいたんだけれど、戦争のせいで70年も前に引き離されて、それっきりだ。レオはケチルの代わりに、ケチルの思いの詰まった、あるレコードを彼女に渡しに行く。そして、ケチルの思いは、70年のときを超えて、彼女に届くんだよ。すごいだろ、これも音楽の力。

いや70年どころか、何百年も前に作られたクラシックの曲だって、今の時代に至るまでたくさんの人に親しまれている。ケチルのレコードが彼女へのラブレターだったのと同じに、「運命」だってベートーベンの思いの詰まったラブレターだよね。音楽は時代も超えるんだ。

言葉・国・人種・時…それを超えて心をつなぐ、共感できる、涙して、楽しくなる。それが音楽ってものなんだ。

レオは音楽を通じて人と知り合い、成長していくよ。最初の頃のレオはいまいちな奴だけど、物語終盤、ステージに立つレオは最高にかっこいい。

星空ロックはそんな本だ。

どうだい、グッドニュースだっただろう?

さーて、お次はバッドニュースだ。

覚悟して聞いてくれ、最悪なニュース、それは、

きみがまだこの本を手にしていないってことさ!!

---------------------------------------

以上、娘が「おすすめの本を一冊みんなの前で紹介しなくちゃいけないんだけど、スピーチ原稿、どう書けばいいのかわからない…」と言ってきたので、私がその場で考えてあげた内容です。

残念ながら娘には却下されてしまったのですが、せっかく考えたのにもったいないので、ここでお披露目させていただきました。

今年度の読書感想文コンクールの課題図書ですので、夏休みの宿題が終わってない中高生のみなさん、なんならコピペして使ってください。責任は負いません(でも入賞したらなんかください)。
スポンサーサイト

おげんきですよ

23日(土)は、術後間もない老体に鞭打ち、ライブ「GENKI SESSION ~Summer of Love 2014 ~」へ。場所は鴬谷の東京キネマ倶楽部というライブハウス。鴬谷駅、初めて降りたよ。

セットリストは某ファンサイトよりほぼ拝借しております。

1部
1.Hallelujah I Love Her So//Ray Charles
2.Try a litte tenderness//Otis Redding
3.I Got the Fire//Montrose
4.ジャニスの祈り//Janis Joplin
5.This Time Around//Deep Purple
6.樹のうた//NOIZ
7.いつものように//NOIZ

2部
8.Love Child//Deep Purple
9.Lady Double Dealer//Deep Purple
10.Mistreated//Deep Purple
11.花・太陽・雨//PYG・難波さんヴォーカル
12.痛風//ロジャーの曲(「バンバンババババババババン」の替え歌)
13.好きさ好きさ好きさ//ザ・カーナビーツ
14.Cry Me A River//JULIE LONDON
15.30Days in The Hole//Humble Pie
16.Gimee some Lovin'//Spencer Davis Group
17.All or Nothing//Small Faces

ここで私は帰宅したけれど、アンコールでは下記3曲だったそう。

18.Imagine//John Lennon
19.Sweet Sweet Surender//BECK BOGERT APPICE
20.すきすきソング//水森亜土

一応、病みあがり&一昨年のGENKI SESSIONでは熱中症になったりしたっつーことで、無理せずマターリと。
1ドリンク制の飲み物もおとなしくソフトドリンクで。
更に、GENKI SESSION、毎回最後までいると23時頃までやるもんだから、今回はアンコールはパスして、早めの帰宅。といっても、22時近くまではいたのだけども。

感想としては「相変わらずお上手」。原曲を知らない曲が多いのと、若干マンネリなので、違うのも聴きたいなーという欲求はある。その点でアンコールのImagineが聴けなかったのは残念。

七月大歌舞伎「天守物語」

また歌舞伎を観てきた。
七月大歌舞伎、メインは玉三郎の「天守物語」。
七月大歌舞伎

ありがたいことに、今回も招待券。新歌舞伎座には、野球でよく聞くような法人用チーズンチケットのシステムができたようで、知人がその担当者(というか責任者)ゆえに、接待相手の都合があわなくて、誰も使うことのない日程のチケットを融通してくれたのである。先月その話を聞いて「もしもでいいのだけれど、七月も『誰も使わない、無駄にするよりは』ということがあれば、直前でもいいので、連絡ください」と図々しくもお願いしてあった。そうしたら、「平日でよければ用意できます」とのことで、そりゃもう喜んで♪とチケットをもらった。

ただ七月は玉三郎と海老蔵、中車と歌舞伎好きでなくとも有名な配役なので、接待相手には困らなかったと思うんだ。実際超満席だったし。一幕見席すら満席。そんなチケットをいただけたのは、おそらく、私の図々しいお願いに応えていただいた気がしてならない。返礼のひとつもすべきなのだろうなと思うが、そんな余裕は望むべくもなく。出世払いで勘弁してください(踏み倒す気満々やないか)。

さて、歌舞伎。演目と配役は下記の通り。

一、猿翁十種の内 悪太郎(あくたろう)
   
悪太郎 市川右近
修行者智蓮坊 猿 弥
太郎冠者 弘太郎
伯父安木松之丞 亀 鶴


二、修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)
   
夜叉王 中 車
源頼家 月乃助
修禅寺の僧 寿 猿
妹娘楓 春 猿
姉娘桂 笑三郎
春彦 亀 鶴


三、天守物語(てんしゅものがたり)
   
天守夫人富姫 玉三郎
姫川図書之助 海老蔵
舌長姥 門之助
薄 吉 弥
亀姫 尾上右近
朱の盤坊 猿 弥
山隅九平 市川右近
小田原修理 中 車
近江之丞桃六 我 當



悪太郎は最後が愉快。途中の立ち回りはもっと派手なのが良かったな。

修禅寺物語は春猿の楓がきれい。女形ではなく本当に女性!!って感じ。夜叉王中車は大和田がかぶる。というよりも、大和田が歌舞伎張りの顔芸だったのだなと思う。香川照之もとい中車はがんばっているとは思うけど、やっぱり幼少期から鍛えている他の役者と並ぶと、芯ができていない感じはするなぁ。特に声の出し方が違う。しかし夜叉王(の役柄)はひどい。断末魔の実の娘を前にして「若い娘の死にかけたところなんて見られる機会はそうそうないからスケッチするお!!」だもん。絵仏師良秀か。大和田ー!!

天守物語。
幕があがる前から、幼女たちの「とおりゃんせ」の歌声が聞こえてくる。全体が見渡せると、そこは天守閣の中。物語はほぼ全部この天上の間を舞台に進行する。幻想的。

玉三郎は存在感が違う。ただ立つだけの姿も、後姿だけでも、すごい。どの場面を撮影してもポスターになりそう。隙がない。強いて言えば年齢設定が分からない。役柄的に20代半ばぐらいかと思うが、貫禄がありすぎてさすがにそうは見えない。海老蔵は華やかで涼やかで、悪くない。海老蔵を生で見るのは初めてだけれど、たぶん古典的な歌舞伎よりも、こういった新しい形のほうが映えるんじゃないかな。新しい形、といっても現代劇にも合わないと思うけど。その点では玉さま演出のこの「天守物語」は海老蔵にとってもっともハマリ役になるかもしれない。

新しい形、と書いたが、従来の歌舞伎の舞台とはだいぶ違った。スクリーン映像や録音音源であろう音楽も使われる。カーテンコールさえあった。スーパー歌舞伎とは違う「新しい歌舞伎のあり方」だと思う。でも、スーパー歌舞伎は三代目市川猿之助亡き後も継承されていくだろうけれど、玉三郎の創る舞台は、玉三郎以外には創れないものではないかと思う。玉三郎が創り、玉三郎が演じて、初めて可能な世界。玉三郎がいなくなったら夢幻になるもの。だからこそ、天守物語は以前の上演を収録し、映像作品にもなっているのだろう。演じ手を変えつつ時代を超えて長く上演される古典作品とは別物なのだ。

だから、つくづく、今回この舞台を見られたことは幸せだと思う。まさに、夏の夜の夢。一期一会の舞台だった。

アンチスレとか見るもんじゃない

ゴールデンライラックのことを書いたけれど、その後、感想ブログを転々としていたら「初めて読んだ時には良さが分からなかった」という感想がとても多かった。そして、「しかし、大人になって読み返したらその奥深さに」…と続く。年取ってわかることってあるよな。

ブログを見て回っているうちに雑誌に掲載されたらしい羽海野チカと萩尾望都の対談の転載記事があって、『「ハチミツとクローバー」のその後が「ゴールデンライラック」』というのを読んで、すごく納得した。ついでにアンチ羽海野チカまとめスレも見つけて、心が黒くなったりもした。嘘です元から黒いです。

わが青春の吹奏楽と焼鳥

土曜日はバタバタ。

娘の動きで言うと、期末考査最終日→部活→コンサート→塾。
朝7時から夜23時まで出ずっぱり。ちなみにその前夜は2時近くまで勉強していた。真面目なのではなく、とりかかりが遅かったせいだ。

私は早朝からお弁当作り。試験期間中は給食がないが、最終日のこの日は部活があったため。

15時からはシエナ・ウインド・オーケストラのコンサート「わが青春の吹奏楽」。日曜朝のテレビ番組「題名のない音楽会」でおなじみの吹奏楽団。

私は根っからのクラシックファンってわけでもなく、また吹奏楽より管弦楽のほうが好きっちゃ好きだが、せっかく娘が吹奏楽部に入ったのだから、親しもうと思いまして。先日のマリンバコンサートも動機は同じ。

今回のシエナについては、コンサートの直前にポンパレで半額チケットが出ていたのを見つけて購入。期間限定の割引ポイントもあったから、定価5,000×2枚で10,000円かかるところが、トータル約3,500円で買えた。会場の文京シビックホールは駅直結で、しかも5路線が乗り入れているという便利な立地。上述の「題名のない音楽会」や「笑点」とかのテレビ番組の公開録画会場にもよく使われている。

部活があると聞いたのはチケット購入の後だったが、一応部活がある可能性については織り込み済みで購入を決めた。娘の学校からも数駅で着くから、部活の後でも開演には間に合うのではないか…と思って。

でも、予定通りにきっちり終わることは少ないし(平日なら、下校時刻厳守だから最長時間は決まるんだけどね)、普段と違う駅での待ち合わせで何があるかわからないから、少しだけ早退させることにした。
先生や先輩の目は厳しいだろうが、吹奏楽部なら理由が「シエナの演奏見に行く」だったら、許されるんじゃないかという期待もあり…。娘と待ち合わせて合流したときに、先生に怒られなかったか聞いたら、怒られはしなかったけど、「早退って何故? 家の用事って何?」とズイズイ聞かれたとのこと。「オーケストラのコンサートです」と言って、ようやく「じゃ、パーカス良く見てくるのよ!!」と解放されたらしい。あー、やっぱりそうなりますよねー。理由がコンサートで良かった。

コンサートは、とても楽しかった。吹奏楽のメジャーどころが多く、朝岡 聡さんの司会が入ってわかりやすく解説してくれ、またパンフの富樫鉄火氏による各曲紹介文も素人向けにとても面白く書かれている。「とにかく楽しんで行って♪」という感じが満載。そうそう、選曲の中にディープ・パープルメドレーがあることに驚いた。でもハードロックとクラシックは親和性が高いので、良い感じに仕上がっていた。

そして、シエナのコンサートでは恒例らしいのだが、楽器を持参していくと舞台に上がって楽団員と一緒に演奏ができるのだ。開演前にロビーに楽器ケースを持った人が数多くいたのはこれのためかと納得。部活ぐるみで来る子も多くて、制服姿の集団もちょいちょい見かけた。
だから、最後のステージはものすごい人数。客席より多いかもしれないと思うぐらいだ。

とりあえず「やっぱり、こういうのを見ると楽器弾けるのっていいよねー。ピヨリも次回は楽器持ってあっち(ステージ)に行けるといいねー」と娘を煽っておく。

コンサート後は、余韻さめやらぬまま再び電車に乗る。そして塾近くのサイゼリヤに行く。そこに夫を呼び出して塾バッグを持ってきてもらう。それと学校カバンを取り替えるのだ(朝から両方持ち歩かせることも考えたが、重すぎて腕が抜ける)。
そのままサイゼで夕飯。時間になると娘だけ塾へ。私はワインを飲んだくれ、夫にネチネチ説教する。いや説教する気はなかったんだが、どうしてもそういう風になる。

娘の塾が終わるのは22時近く。本当はいったん帰宅して、夫だけ迎えに行かせるつもりだったが、ネチネチしていたら21時半。気分直しに、またすぐ近所のオサレ焼鳥バーに行く。しょっちゅう前を通って気になっていたのだが、オサレすぎて入れなかった店。ここで焼鳥一本とグラスワイン飲んだら迎えに…と思ったら、本格焼鳥で予想外に時間がかかって迎えの時間になってしまった。

店の人に事情を話して、カウンター席からテーブル席に移動。夫が娘を迎えに行き、店に連れて来る。この時点で22時なわけだが、娘は「お腹すいた~疲れた~」を連発するのでここからまた焼鳥やチーズなどをオーダー。客層外の中学生(しかも制服姿)を快く入れてくれた手前、娘の飲み物だって「お冷でいいです」とは言えない。ワインより高いフレッシュオレンジジュースとか飲ませる羽目に。くやしいから私はお代わり。結局サイゼリヤの倍額以上かかった。

そんなこんなで帰宅したら23時ですよ。不良親子。あ、不良は私だけか。

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。