03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おひとりさま活動多め

土曜日は、娘が塾に行っている間にひとりでプラネタリウムの天体教室に行った。テーマはオーロラ。予想外に本格的で勉強になった。数字がいっぱい出てきた途中5分ぐらいは記憶が飛んでいるけど、だいたいはちゃんと聞いたよ。
日本は南極側と北極側に同じ磁力線に沿った位置に観測基地を持っている貴重な存在で、オーロラ観測の最先端を担っているのだそうだ。 

日曜日は、半日休日出勤して、午後は有名ブロガー・カータンさんのイベントに行ってきた。主婦ネタブログのほうではなくて、新しく立ちあがった「女の子のココロとカラダ」サイトのほうの、記念すべき第一回イベント。抽選に当たったのだ。カータン、実物は細くて、可愛かったさすが元CA。本人のイラストとは全然違うよ。口調や動作はブログ通りだったけど。

娘は今週末に中間試験を控えているというのに、私が留守にするとサボりまくり。昨日はいびりにいびって涙目になるまで追い詰めた。夫はいたはずだけど何の役にも立ちゃしない。

仕事が繁忙期に突入し、明日も休日出勤。
あーあーオーロラ見に逃避行したい。
スポンサーサイト

足裏を大切に

昨日は敬老の日。

夕方、歌川たいじさんのサイン会に行ってきた。相変わらず優しく面白い歌さんでした。
来週は別のブロガーさんのイベントに行く予定。なんかブロガーさんづいてる最近。

しかし何千とか何万とかってアクセス抱えてるブロガーさんは大変だよな。わけわかんないコメとかつくし。その点100アクセスもないここは楽ちん極まりないぜ。

夜は、昨日の「敬老する」という予告の通り、私の両親を誘って外食。時々利用している健保施設の安いレストラン。5人でコース料理頼んで、乾杯ドリンクのほかに紹興酒ボトル一本頼んで、1万円程度だぜ。1人2,000円なんだぜ。

・敬老の日なので私がおごる
・私の快気祝いも兼ねているのでおごられる

の両案があったけれど、後者となりました。ごちそうさまパパン。

申し訳程度に、帰りに我が家に寄ってもらい、アイスをごちそうしました。エッヘン。

娘は何やらジジババ宛ての手紙を書いて渡しておりました。「うちの結婚式まではがんばって生きててね!」という、心が温まるんだかなんだか微妙な文面。

全然関係ないけど、日曜日の文化祭の時、中敷とヒールのゴム部分を取り換えてもらったパンプスを履いていったら、足の裏に巨大な靴ずれの水泡が出来まして。「きちんと感があるデザインながら、すごく履きやすくて疲れない」という理由で、わざわざ靴修理に出したと言うのに、なんたる逆効果。中敷変えるだけでこんなにも重心が変わるのですわね。

で、翌日の歌さんのサイン会には「ぺたんこパンプス」を履いて行ったわけだけど、これも普段は「履きやすい靴」として愛用していたと言うのに、できた靴ずれが気になるせいか変な歩き方になってしまい、今度は、アキレス腱周りと小指がズダボロに。

足の痛さで発熱しそうな勢いだった。その格好で夜もレストランに行く予定だったが、耐えきれずに、草鞋のようなサンダルにした。今日は厚手の靴下&スニーカーで出勤。

終日変なところに力が入って歩いていたせいで、体中が筋肉痛。足裏の大事さを思い知らされた。

高校文化祭に行ってみました

3連休。
初日の土曜日は、娘は土曜授業&小6生とその親向けの学校説明会。

入学予定者向けの説明会というよりは、「どんな学校か」という説明会。半数以上が私立中に進み、また公立中も学校選択制という地域ゆえ、地元住民に対しても「我が校アピール」をしなければならないのだ。その席上で吹奏楽部は演奏することになっていた。学校公開週間の最終日でもあったので、授業を見てから、その演奏を聞きに行こうかな?と思っていたのだが、なんだか面倒くさくなってやめた(おい)。

ていうか、去年私も説明会に参加したけど、そんな演奏なかったような…

帰宅した娘に聞いたら、合同のガイダンスの後、保護者は体育館、小6生は講堂と別々の場所に分けての説明会があって、小6生向けにのみ演奏したのだそうだ。じゃあどっちにしろ行っても聞けなかったんだな。授業参観のほうも、どうせ発言の1つもしない娘の背中を見て終わるだけだから別にいいや。行かなくて良かった。

日曜日は、某高校の文化祭。吹奏楽部の強豪校。一番には、「高校生の演奏ってどれほどのもんなのか」に興味があったからだけれど、来年になるといささかの緊張を伴うであろう「高校訪問」の前哨戦というか、いろんな学校があるんだよ、という娘に対する意識付けも兼ねている。どの高校に行きたい?と言われたって、どういう観点があるのかさえよくわかっていないし、ある程度は親の意向でコントロールできる中学受験に比較して、本人の熱意がものをいうのが高校受験なのだろうし。

ちなみに私は中1の頃は、「ごきげんよう」テイストなミッション系女子校にやたら憧れていて、しかし、そういう学校は小学校や幼稚園からエスカレーターで上がるのが普通の金持ちのお嬢さんが行くものだという認識は抜けていて、そこに行きさえすれば自分も才色兼備のお嬢様になれると思っていたのだ。

それを打ち砕いたのは、私の長兄で、彼は当時大学生で、それこそ、小学校からエスカレーターの「お坊ちゃま・お嬢様」も少なくない大学に通っていた。当時も今も、芸能人の子弟も多いところだ。

キャンパスもおしゃれできれいで、「将来、お兄ちゃんの大学に行こうかな」とつぶやくと「やめておけ」と兄。

「うちの大学は金持ちが多いからな。オレは男だから貧乏だってなんとかなるんだ。でも、女の子は違うだろ。周りはみんなブランド物着ていて、簡単に海外旅行に行ったり、別荘があったり、生活水準が違うんだから、辛い思いをするのはおまえだ」。

兄はジャズバンドのサークルに入っていて、トランペットパートだった。3年生の時には部長もやっていた。だが、国産の安い楽器を使っているのは、サークルメンバー数十人のうち、兄だけだったそうだ。

ああそうか、そもそも「お嬢様」というのは、高校からスタートできるようなもんじゃなく、生まれついたおうちの段階でほぼ決まってしまうものなのだ、と遅まきながら気がついた。

というわけで、娘にはそういう勘違いをせぬよう、早めに身の丈にあった学校をそれとなく見せておく作戦。

今日は敬老の日なので、敬老する予定です。

初めて尽くし

木曜日、マレフィセントを観た。
ストーリーはともかく、映像が美しかった。これこそ3Dで観れば良かった。かといって、3D版のためにもう一度映画館に足を運びたいというほどでもない。

COREDO室町に初めて行った。この中にあるTOHO シネマズ日本橋で観たので。映画は新宿に行くことが多いのだけれど、新宿では会社帰りに寄るのにちょうどいい時間帯の上映がなく。娘も呼んで一緒に観た。娘はもともと友達と見る約束をしていたらしいが、別の機会にその子は先に観てしまったとのこと。夏休み前の約束って、はかないわよね。

映画後だと遅くなるため、先にサクッと食事…と思ったが、やけに重々しい店か、ベルギービールやメキシカンレストラン等、完全会社帰りの大人向けのところが多くて、子連れで軽く…という雰囲気の店がない。日本橋だから? そうそう、日本橋といえば、TOHO シネマズ"日本橋"は「COREDO"日本橋"」じゃなくて「COREDO"室町"」にあるんだよね。ややこしいっつの。

で、結局他の店に比べれば入りやすかった映画館フロアの下の階のイタリアンに。入店するなり、「この後、何かご予定がありますか?映画とか」と聞かれ、映画を見ますと答えたら、上映開始時間を聞かれ、それにも答えると「では、お時間に間に合うように"巻き"でやらせていただきます!!」とのこと。時計を見たら確かに40分ほどしかなく、そうのんびりと食事というわけにもいかないのだった。

ピザとパスタをオーダーして、2人でシェア。まあまあ美味しかった。大食漢の娘が控えめだったので、そう言うと「この後、ポップコーンも食べるから」だそうだ。私に買わせる気のくせに何を勝手に。まぁ食べたけど。ポップコーンMサイズ。

金曜日、経堂の「パクチーハウス」でパクチーを食べた。経堂駅に降り立ったのは生まれて初めてのことだ。
一生分のパクチーを食べたと思うぐらい食べた。料理は悪くないが、店員のノリがちょっと苦手だった。義姉と姪と3人で。その後2次会にも行き、すっごい飲んだので、最後のほうは記憶がない。

土曜日、二日酔い。しかしこの日も用事が。高校時代の同級生がやっているバンドのライブに行くのだ。一緒に行く友人と少し早目の夕方から待ち合わせて、軽く食事してから行くことになっていた。頭痛がやまず、3時の約束を4時にしてもらった。太田胃酸とウコンの力とブルフェンを飲む。

渋谷ヒカリエに初めて行った。オサレだった(おのぼりさん)。

ライブハウスは駅から徒歩7~8分だが、超迷った(おのぼりさん)。そのせいで開始時間ギリギリになってしまった。
バンドメンバー直々のご招待だったので、受付で友達の名前を言うと関係者パスを渡された。なんかっくいー感じぃ(おのぼりさん)。迷子になって歩き回ったせいで、ライブ対応ヒール靴が辛くてかなわん。途中から裸足で観てた。

日曜日、何もなし。

娘は友達に誘われて朝から葛西臨海公園の水族館に行っていた。
その後、その子の家にお邪魔すると聞いており、昼食をごちそうになるかもしれない雰囲気だったので、念のため手土産を持たせる。部活の友達でクラスは違い、親御さんとは全く面識がないだけに、気を使う。
帰宅後に聞いたら、娘は親御さんと顔を合わせることはなかったが、お弁当を2人分作ってくださっており、それを臨海公園で食べたとのこと。家にも行ったが、親は不在だったとか。だから親の手土産の反応がどうだったのかどうかは不明だが、とりあえずお弁当+αぐらいではあると思うので、まぁいいか。いいだろう、うん。

今年も館山

今年も館山の保養所に行ってきた。去年は受験、一昨年はオペラで日焼け禁止のため、海とは無縁の夏だった。ひさしぶりの海。といっても娘は7月に臨海学校に行っているから、今夏2度目だけど。

天候にも恵まれ、海もきれいで海水浴日和。しかし、娘も中学生になり、交通費や宿泊費が倍増して財布は痛いわ。

2泊3日の旅程は、連日快晴で暑かったので(それでも36度を記録していた都内よりは涼しい?30度ぐらい)、観光らしい観光はせず、ただひたすらに海とホテルでぼんやり過ごした。

最終日には奮発して館山駅近くのお寿司屋さんへ行き、地魚のにぎりセットをいただく。セットになっているさんが焼きやあら汁も美味しい。夫も私も十分満腹になったのだが、娘は「まだ腹6分目ぐらい!! もっと食べたい!!」と主張。しかし、寿司屋なだけに単品だってそれなりなお値段なので、却下。寿司屋さんから徒歩5分ほどのお肉屋さんで「館山メンチ」を買ってその場で食べ歩きさせた。帰宅後の夕飯のおかず用にも買って帰ったが、このメンチもめっぽう美味しかった。

いつもなら昼食後~帰りの高速バスまでの1、2時間は駅近くの北条海岸で過ごすのだが、この日は上記の通り暑かったため、駅前の喫茶店で時間をつぶした。ここでも娘はホットケーキを所望。なにその脅威の胃袋。

帰りは都内に入ってからが少々渋滞しており、東京駅に着いたのは予定より30分ほど遅かった。家にたどり着いたのは18時半頃。着いてみると暑さと疲れで揚げ物は食べたい気分でもなく、お土産のメンチはやめて、夫にスーパーで冷やし中華を買ってきてもらって食べた。娘も同じものを食べ、さらに春巻きも食べた…orz

荷解きを面倒くさがりながらやっていると、高校時代の友人からメール。中国に長期出張中の別の友人が一時帰国していて、うちの近所で飲んでいるから今から来ない?という話。これが21時頃。メールくれた人も帰国中の人も男性なんだが、「今から出てこられる?こどもはもうごはん食べた?」的な、「夫」や「娘」への配慮のない誘いっぷり。嬉しいような悲しいような。飲みの誘いは基本的に断らない主義なので普段なら行っちゃうところだけど、さすがに疲れていたし、翌日も普通に仕事なので、残念ながら断った。

これで私の夏休みは終了。あと2週間ぐらい休みたいよー。

プロフィール

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。