08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川李枝子さんの講演

図書館の公開講座で、中川李枝子さんの講演を聴きに行った。

「いやいやえん」「ぐりとぐら」の著者の方だ。

聴衆はほぼ定員の50名前後だろうか。もう少しいたかもしれない。若い女性もいたし、意外と言ったら失礼だが中年の男性もいた。

中川さんはとても若々しくてエネルギッシュで、おしゃべりがお好きなようで、定刻を過ぎてもお話しを続けておられ、進行役の方が戸惑う場面もあったりした。

創作をするようになる前の、ご自身の「本との出会い」が主体のお話で、特に戦時中、こどものための読み物など手に入るわけもなく、小学生だった中川さんが学友たちと手持ちの本を交換しあって回し読みをしていたエピソードには心を打たれた。中には「自分の本」を持っていない子もいて、そういう子は自分で物語を書いて、それをもって交換に参加しており、そしてそれを責める子も笑う子もいなかったとか。また、中川さんの友達に貸した本は「アンデルセン童話集」で、やがて外国人が書いた本ということで教師に没収され、二度と戻らなかったという。

中川さんは、お母様が本好きだったという。しかし、お母様は「賢くない女の子」が登場するお話を嫌悪し、いわゆる夢見る夢子ちゃん的なお姫様話や、お金持ちの意地悪な令嬢が悲運のヒロインをいじめるようなお話は読ませてもらえなかったそうだ。そんなお母さんが好んで与えてくれたのは「等身大の」「健康で賢い少年少女たちが活躍する」、当時創刊されたばかりの「岩波少年文庫」で、中川さんはケストナーの作品などを楽しんだ。

そういえば、私もこのお母様と同じく「王子様を夢見るだけのお姫様」が好きでなかった。シンデレラも白雪姫も嫌いだった。賢い少年がドラゴンなどを従えて魔物を退治する話も好きではなかった。何故ならその時の「姫」はやっぱり幽閉されており、ただ助けを待つばかりの無能な女だからだ。

そんな私が好きだったのは「ぐうたら王とちょこまか王女」というお話だ。なまけものの王様がぐうたらしすぎて病気になってしまうのだが、賢い王女が智恵を使ってそれを治す(つまり怠け者を働き者に変える)物語だ。

中川さんのお話を聞いた後、図書館の児童書コーナーに立ち寄った。「ぐうたら王とちょこまか王女」は、そこにあった。懐かしいなぁと思いながらページを繰った。
スポンサーサイト

お勉強会終了

昨日でお勉強会終了。

最終回は地元の公立中学校と公立小学校の校長先生がいらして、コーディネーターの人を交えてのパネルディスカッション風の講座となった。

続きを読む

学歴

今日のは長いです。そして結論出てません。言いたいことがまとまってなくて分からないと思いますが、自分の備忘録として書いておきます。

お勉強会の話に関連して。
前々回の講師は、夜間中学の日本語学級の先生。前回は昼間の中学の日本語学級の先生。
同じ「公立中学の日本語学級の先生」で、目標が「公立高校普通科合格」なのだけれど、2人の意見や指導方針はかなり違っていた。

どう違うかを書くと長くなるので割愛するけれど、これがまた「就学生相手の民間の日本語学校の講師」や「地域ボランティアの日本語ヘルパー」など、同じ「日本で在日外国人に日本語を教えている人」でも、それぞれ違うのだと思う。その違いは、生徒の質の差(たとえば民間の日本語学校はお金がかかるので学習意欲が低い生徒は基本的に少ない)であったり、教師側の経験の差であったり(商社勤務から地域ボランティアを経て日本語教師になった人もいれば、高校の教員をしていてリタイヤ後に日本語教師になる人もいる)、職域というか、「活動が許される範囲」の差(「教職免許をもっていて教員採用試験に受かって公立学校で働いている「日本語学級担当の教員」と、人生経験や人脈の豊富さで活躍する「地域ボランティアの日本語教師」とは、求められることと、やりたいことと、実際できることが違う)に由来すると思う。あ、いま「差」という言葉を使ったけど、これはもちろん高低差ということではなく、単純に「差異」というだけの意味だ。

ちょっと説明が長くなった。とにかく、「教える側も教わる側も人生いろいろ」なのだ。

いろいろなんだなぁ、と思ったところで。

私は「…んんん?」と違和感を覚えた。

続きを読む

学習意欲

そういえば先日の保育参加の時、クラスの男の子から
「なんでそんなにデブっちょなの?」
という、ど真ん中の問いかけをされた。

「なんでだろうねー。…っていうか、それ思っても言っちゃダメ。心の中にしまっとけ、な?」
と答えたら
「あっ、そうか、そうだね」
と納得された。なんで言っちゃダメなのー、なんてしつこく聞かれるのも困るけど、すんなり納得されるのも。いやはや。

----------

昨日のお勉強会(日本語が母語でない子どもの支援についての講座)は、講師の先生の話のテンポがよく、短時間の割に濃い内容だった。
講師は、都内の区立中学の日本語学級の先生。
卒業時には都立高校普通科の一般入試に合格するだけの日本語力(ということは教科学習も理解できるレベル)をつけさせるということで、シラバスを見せてもらうと、ものすっごいスピードで広範囲の内容を網羅しなければならないことがわかる。

生徒は普段は一般の生徒と一緒に授業を受けるが、国語や社会などの日本語力の影響が大きい教科の時間は、別教室で日本語教育を受ける。週6時間程度だから、当然「今日は『あいうえお』をやりましょう」というスピードでは無理。来日して入学が決まった時点で、即座に自学できるワークブックを渡し、「初回の授業が始まるまでにひらがな50音すべて読み書きできるようにしておく」と宿題を出すのだそうだ。

そこから一気にカタカナも漢字も含めて授業開始。
翌日の時間割は教室の黒板に書かれるのだそうだ。それが読めないと明日の準備ができない。だから最初に「国語 こくご kokugo」という、教科の漢字、ひらがな、ローマ字の対応表を渡す。
生徒は「国語」という字形を見て、対応表と見比べ、まだひらがなが書けないうちは「kokugo」とノートに書き留める。教科書は表紙を見て「国語」という字形を見つけて探し当てる。

学習開始した3週間後には「私の身長は160cmです。」といった文の読み書きまでやるという。文型と漢字と数学で使う単位の学習を一緒にやっちゃうという作戦。

数学や理科は最初から日本人生徒と一緒。
日本語がわからなくても数式や写真を見ればわかる。母国でも似たような学習はしているのだから。

ただ、母国でまだ習っていなかった単元が日本に来たらもう終わっていた、というケースもある。だから試験前や長期休みの時間を利用して、そこは補う。日本史や日本地理も外国から来た生徒にはハードルが高いが、バンバン詰め込んでいくらしい。
なかなかハードだ。

自分がその生徒だったらと思うと、ガクブルだ。ついていけない。でも10代の脳ならどんどん吸収していくのだろうなぁ。そこは羨ましい。

「脳」が元気なときには勉強なんか嫌で嫌で、勉強してみようかな?と思った時には「脳」力減退。

こどもちゃれんじのワークブックを広げ、「ねーねー、次のページもやりたーい。もっとおべんきょうしたーい」と無邪気に言っている娘よ。その意欲がなるべく長く続くといいね…。

ニホンジン

昨日は講習会第二回に参加。

毎回講師の先生が変わるのだけれど、昨日の先生は面白かった。キャラが。ぼやき漫談みたいな話し方をする。見た目は真面目そうな中年女性。経歴も苦学して教員免許をとり、高校教師生活25年を経て、外国籍の子どもの進学支援NPO代表へ転身というおカタイ方なのに、口調はぼやき漫談。

行政がやるべき支援の尻拭いをしているような活動をしていらっさるわけで、話を聞いていると、そりゃぼやきたくもなるわなぁと思ったり。

このNPOでやっていることは、15歳前後で来日した子ども達の高校進学のサポート。日本では高校は義務教育ではないので、公的な援助がほぼないという。

たとえば中国人女性が日本人男性と子連れ再婚して来日。
子どもは15歳で日本語力ゼロ。母語でなら中卒レベルの数学知識があっても、日本語で出題される試験問題は問題文自体が理解できない。また英語は全く勉強したことがなかったりする。日本の地理についても学んだことがない。仮に理系分野の出題内容が理解できるようになっても、国語・英語・社会は日本人学生と同レベルにはなるのは至難の業。

「学力」は高校生になるに相応しいレベルに達していても、日本語力がないために合格できない。

それに対して教育委員会は「外国籍の子どもにも、入試の門戸は日本人と平等に開かれているんです」という見解だそうだ。それって、言い換えると「外国育ちで、どんなに英語ペラペラでも、中国語堪能でも、母語でなら秀才クラスでも、日本人と同じ条件で日本語文が理解できなきゃ高校には合格させてやんない」という方法なわけだけれども。平等。

このNPOの人たちの憤慨はわかる。

でも、だ。
移民の問題とかってすごく難しいよねー。

数が少ないうちはね。
国際化!!みたいな。
多文化コミュニケーションって素晴らしい!!みたいな。
または安い労働力ありがたい!!ってのもあるかもしれん。

でもね。
移民をガシガシ受け容れて生産力アップ!!と言っていた国で、後になっていろいろ問題が起きたりしてるやん。

良い人ばかりじゃないんだよ。そら日本人にも良い人も悪い人もいるんだけど、日本人同士なら起こらなかったはずの「どうにもこうにも超えられない壁」が原因のトラブルっちゅーのもやっぱりあるんだわな。

だからって排斥せよと言ってるんじゃないんだけど。
なんつの、そのへんの匙加減って難しいね、という、玉虫色なまとめで許して。日本人的に。

プロフィール

Cakeと書いてけーくと読む

Author:Cakeと書いてけーくと読む
会社員。家族は夫(鬱回復期か微妙なメンヘラー)と娘(中学生になりました)。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。